(ハッピーメール)会えない人がやっているメッセージ返信例とうまくいく返信例

MENU

(ハッピーメール)会えない人がやっているメッセージ返信例とうまくいく返信例

ハッピーメールを使い始めたものの、なかなか出会えないと悩んでいませんか?もしかして、メッセージの文章やプロフ写真の選び方に問題があるのかも!?

 

実際に出会えている人と、なかなか出会えない人の違いをまとめたので、ぜひ参考になさってください。

 

出会えない人に共通すること

ハッピーメールの利用を開始したのに、なかなか出会えなくて困っている方もいるかもしれません。しかし、ハッピーメールは累計登録者1900万人以上を誇る大型マッチングサービスサイトなので、女性利用者が存在しないわけはありません。

 

むしろ、アプローチの仕方やその人のプロフ文章の構成やプロフ写真の選び方に原因があることがほとんどです。

 

出会えない人に共通しているのは、メッセージ内容やプロフページが相手に悪印象を与えるものになってしまっていることです。では、実際にどのようなメッセージ構成が悪印象を与えるのか、出会えない人に共通している失敗について取り上げます。

 

メッセージ内容に返信しにくい

出会えない人のメッセージは内容が雑で、女性にとって返信しづらいメッセージになっていることが多いです。

 

ハッピーメールには男性会員が65%、女性会員が35%ほどの割合で登録しているので、魅力的な女性には幾人もの男性から集中してアプローチが来るということも珍しくありません。

 

そのため、メッセージ内容が磨き込まれていないと、別の男性とのメッセージのやり取りのほうに女性が移っていってしまいます。以下のようなNGメッセージ構成になっていないかメッセージ構成を確認してみてください。

 

NGメッセージ構成の特徴は以下のようなものです。

 

  1. 自分のことばかりに言及していて、相手が返信する余地がない。
  2. メッセージに質問がない。もしくは、あっても「はい」か「いいえ」で答えられる簡易な質問である。
  3. 相手のプロフに関係のない話題を送っている。
  4. メッセージ内で自分の情報が明かされていないので、相手から怪しまれてしまっている。

 

このような特徴に当てはまっていたら、返信が来づらくなります。それはどうしてでしょうか。

 

まず①ですが、初対面の相手への自己アピールをしようと思うあまり、自分の情報や趣味を書きすぎて冗長な構成になっていたり、相手への関心が上手に反映されていないメッセージになっていたりするパターンです。

 

例えば、「こんにちは!わたしは○○と申します。板橋区に住んでいて、△△の仕事をしています。仕事の内容は……で、夜遅くに疲れて帰って来ることが多いです。……最近はよく一人でNETFLIXの映画を観ています。誰かと一緒に観られたらもっと楽しいだろうなぁ…」というようなメッセージです。

 

文章全体が長いだけでなく、どうでもよい情報ばかりです。自分の最近の状況や趣味などの詳細はプロフページで確認できるので、メッセージには女性への関心を簡潔に表しましょう。

 

また、女性から返信できる言葉の選択肢が少ないメッセージ構成になっています。この文章を読んでも、女性は「そうですか」程度の反応しかしないでしょう。

 

女性が質問を考えて、メッセージを盛り上げるための工夫をしなければいけなくなります。たいていの場合は、こんなメッセージを読んでも返信を保留にしてしまうでしょう。

 

②に関しても、質問がないメッセージには、上記の例と同じように女性が「へえ、そう」程度のリアクションしかしてくれない危険性があります。

 

また、答えられる質問でも「いいですよ」とか「そうですね」だけで送るのも気が引けるので、女性が文章を考えなくてはいけません。

 

もちろんそうなると女性は、他のあまり深く考えなくても答えられるような、返信しやすいメッセージへの返信に時間を使う方を優先してしまいます。その結果、返信がいつまでたっても返ってこないということが起きるのです。

 

③も同様で、相手の関心がない話題についてメッセージで送ってしまっても、女性にとっては会話を続けるのが億劫なだけになってしまいます。返信をするのにハードルを感じる文章を送ってしまうのは控えましょう。

 

④に関しては、ファーストメッセージ内で質問攻めにしてしまっているような場合に当てはまります。例えば、「こんにちは!とてもキレイですね^^どこに住んでいるんですか?お仕事はなんですか?良かったらLINEの交換しませんか?……」といった文章です。

 

個人情報を集める業者か何かかと思われて、恐怖心を与える存在になってしまうので避けましょう。

 

 

挨拶やクッションワードがない

返信がこないのは、相手に失礼な人と思われてしまっているからかもしれません。そうならないようにするためには、挨拶やクッションワードを丁寧に使用したメッセージを送ることです。

 

メッセージ内でユーモアや親しみやすさを出すことも大切ですが、それにも増して相手への思いやりや誠実な人間性が発揮されたメッセージであることが求められます。

 

タメ口やぶしつけな表現が含まれたメッセージを送ってしまっていないか確認しましょう。

 

最初のメッセージでは自分の身分を明かすことが大切です。自分の名前や住んでいる大まかな場所を伝えることで、信頼できる誠実な人である印象を与えられるからです。

 

さらに「失礼ですが」「もしよろしければ」「ご迷惑でなければ」などのクッションワードを使用して、相手が受ける印象が快いものにすることも意識しましょう。

 

このような挨拶やクッションワードを使用したメッセージが送れていない場合は、お相手の方から敬遠されてしまう可能性が高くなります。

 

 

プロフ写真が雑すぎる

アプローチをかけたお相手の方は、メッセージを送ってきてくれた人のプロフやプロフ写真を見て返事をするかどうか決めます。メッセージがどんなに秀逸でも返信がこないのは、プロフ写真が手抜きだからかもしれませんよ。

 

服装や髪形を気にかけていないような雑な自撮り写真や、清潔感や信頼感の無いような印象を与える写真の使用は控えましょう。キメ顔過ぎる写真や、加工バリバリの写真もNGですよ!

 

 

出会える人:好印象な写真でメッセージが丁寧

逆に、出会える人はメッセージや写真などから与える印象が洗練されていて、丁寧な言葉づかいができる人たちです。

 

ここからは、出会える人たちはどのようなことを意識しているのかを紹介していきます。

 


挨拶や一息置いたメッセージができる

初めての相手には「はじめまして!わたしは○○と申します。突然のメッセージで失礼しますが、プロフの趣味の△△と素敵な笑顔が気になって連絡させていただきました。もしよろしければ、△△についてさらに質問したいのですが……」といった仕方で連絡しましょう。

 

初めての相手に自分の身分を明かさなかったら、怪しい印象を抱かせてしまうからです。さらに、クッションワードを使用して、相手への質問やメッセージを送った理由などを好印象な仕方で伝えることもできています。

 

お相手がメッセージを読んでどんな印象を受けるか、自分がそのメッセージを知らない人から受け取ったらどう感じるのかを意識してメッセージを構成しましょう。

 

プロフ写真の印象が明るい

プロフ写真には、明るい印象のものを使用しましょう。明るい印象の写真とは、明るい場所で取られている写真や、顔がはっきり見えて、かつ自然な笑顔でいる写真です。

 

趣味を楽しんでいる写真や、大好物を食べている時の自然な笑顔などが好印象な写真なので、もし持っていなければ誰かに撮影してもらうようにしましょう。

 

おもしろく話を広げるスキルがある

出会える人の特徴は、会話を楽しく発展させるスキルがあることです。話題に対して、自然な「共感」や「褒め言葉」「適切な質問」を繰り返すことが話を広げるうえで効果的です。

 

とくに、女性は共感を求めるものなので、メッセージやプロフの中から共通点を探して話題に含めたり、振られた話題に関して自分も同じように思っていることなどを伝えられるようにしましょう。

 

以上のように、自分のアプローチやプロフの作り込みの質によって出会えるかどうかが左右されることがわかりました。

 

ハッピーメールには累計1900万人もの登録者がいるので、実際に出会えるサイトとしても評価が高いようです。なかなか出会えないという方は、この記事にある内容を活かして出会いを広げるチャンスを獲得しましょう!

 

ハッピーメール

(ハッピーメール)会えない人がやっているメッセージ返信例とうまくいく返信例

成功例をパクろう!

↓↓↓↓↓

公式サイト