(ワクワクメール)うまくいくメッセージの送り方・返信の仕方

MENU

(ワクワクメール)うまくいくメッセージの送り方・返信の仕方

ワクワクメールで理想の女性を見つけて、いざメッセージを送信!となったものの「誰からも返事が来ない…」と困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は、うまくいくかどうかはメッセージの書き方次第なんです。ここでは、うまくいくメッセージの送り方ややり取りの続け方を紹介します。

 

うまくいくメッセージの基本

ワクワクメールは、実際に理想の女性と出会える、信頼出来るマッチングサービスサイトです。

 

しかし、どんなにサイトがしっかりしていて会員数が多くても、女性の心に響くメッセージを送ることができない限り、いつまでたっても理想の出会いを実現することはできません

 

この項では、うまくいくメッセージの基本構成を紹介していきます。大切なのは下記の4つです。

 

  1. 挨拶
  2. 話題の選び方
  3. 簡潔さ
  4. 質問するときのマナー

 

以下にそれぞれを紹介していきます。

 

挨拶と広がる話題を用意すること

最初のメッセージで気を付けるべきなのは、丁寧な挨拶をすることと、広がる話題を選ぶことです。

 

丁寧な挨拶は、人間関係を築くうえで当たり前のことですが、顔と顔を合わせて会話することのできないインターネット上であるからこそ、ないがしろにしてはならないことです。

 

「こんにちは!」や「こんばんは!」といったものではなく「はじめまして」という挨拶が良いでしょう。その後は住んでいるおおまかな場所や、仕事や名前を自己紹介して、不信感を抱かせてしまわないようにすることが大切です。

 

また「突然のメッセージ失礼いたします」というクッションワードを添えて、自分がその人にメッセージを送った目的と理由をはっきりさせるようにしましょう。ここまでが基本的な文章の導入になります。

 

さらに広がる話題を準備しましょう。これは、相手のプロフにあった内容に触れるようなひとことを入れ込むことで可能になります。

 

例えば、料理が趣味と書いてあった場合には「最近自分の作った料理がうまくいかなかったのでアドバイスが欲しい」とか「自分は一切料理ができないので、料理ができる人は尊敬します」などのひとことを付け加えると良いでしょう。

 

話題を選ぶ際には、自分がたくさん話せるものよりも相手が関心を抱いている分野に注目して選ぶようにしましょう。

 

だれしも、自分の好きなものや趣味についてその良さを聞かれたら、生き生きとして語れるのではないでしょうか。相手も同じなので、相手の好きなものを話題にすることは、会話のキャッチボールを続けるために有効な方法なのです。

 

150文字ぐらいでシンプルに

メッセージが長すぎると、最後まで読む気が起きなかったり、うんざりされてしまったりするかもしれません。そうなると、いちいち長ったらしいめんどくさい男と思われて、返信が来なくなってしまいます。

 

それを避けるためにも、シンプルな文章構成を心がけましょう。読みやすい文字数はだいたい150文字程度でしょう。

 

Twitterの文字数制限が140文字ですが、日常の生活でTwitterを使っていても、なかなか制限にかかってしまうことはないので、150文字あれば予想以上にたくさんのことを書くことができます。

 

あくまで丁寧さを欠かすべきではありませんが、冗長な表現を避け、シンプル思いを伝えるようにしましょう。

 

文字数を減らそうとしてタメ口で書くのは絶対にNGです。敬語で丁寧さと誠意が伝わるようにしましょう。

 

質問する時は先に自分の答えを

相手とのコミュニケーションで、質問をするのは大切なことです。話題を提供することにもつながったり、会話が続いていくきっかけを作ることにもなるからです。

 

しかし、気を付けないと尋問や業者の個人情報収集のような印象を与えてしまうので注意が必要です。

 

相手に質問するときにはまず自分から名乗るようにしましょう。例えば「どこに住んでいますか?」と聞くよりも「わたしは町田に住んでいますが、あなたはどのあたりですか?」と聞いた方が安心感を与えられます。

 

同じように、仕事や何かの好みについて話すときにも自分の答えを先に書いて、ぶしつけな印象を与えてしまうことのないようにしましょう。

 

また、質問は1つか2つのメッセージに1つ程度に抑えましょう。1つのメッセージに何個も質問があると、質問を参照して返信の内容を考えなければならず、相手に手間をかけさせてしまうことになるからです。

 

 

返信する時のメッセージの基本

ここまでで、メッセージを送る際に心がけるべき4つの点を紹介してきました。

 

相手の関心事に思いを向けることや、不快感を抱かせてしまわないような紳士的な言葉遣いやマナーを実践して、女性が返信しやすいようなメッセージを送るようにしましょう。

 

さて、最初のメッセージがうまくいって、相手からの返信が届いた場合には、今度はどのようなメッセージを返信したら良いのでしょうか。以下に紹介します。

 

自然な会話ができるように返信する

メッセージに返信が返ってくると、テンションが上がって勢いよく返信メッセージを入力してそのまま送信してしまいそうになりますが、そこをグッとこらえて、もう一度送る前にチェックをするようにしましょう。

 

大切なのは人間味のある、自然な会話をすることです。どんなに信頼度の高いマッチングサービスサイトでも、巧妙に姿を隠した個人情報集などの業者や風俗の営業の人などが入り込んでくるものです。

 

それで、メッセージがどんなに魅力的であっても、相手の心のどこかには警戒心があるはずです。

 

そのため、メッセージを考えるときは、まずその警戒心を解くことと、メッセージのやり取りを続けたいと思ってもらうことを意識しなければいけません。

 

そのためには、大げさすぎる表現や淡泊すぎる表現を避けたり、前回の話題に基づいた話をしたりする必要があります。自分の中では、相手に質問したいことがたくさんあるかもしれませんが、まずは初対面の人と打ち解けるための会話に集中しましょう。

 

例えば、前回料理の話題について触れた場合、今度は相手のことを褒めながらも「料理上手なのはうらやましいですね!最初におぼえた料理はどんな料理だったんですか?」などといった自然な会話を続けましょう。

 

いくら仕事や彼氏について聞きたいと思っていたとしても、相手の好きな話題が落ち着くまでは、テーマを急に変えるべきではありません。急な展開を避け、余裕のある立ち振る舞いをするようにしましょう。

 

適度に顔文字を入れると印象アップ

メッセージの中に、適度に顔文字を入れることで、文字だけのメッセージよりも柔らかい印象にすることができます。

 

ただし、顔文字や絵文字が大量に入ったメッセージは、チャラチャラした印象を与えてしまったり、不真面目な雰囲気になってしまったりするので避けるべきです。

 

ハートマークも恋人になるまでは男性側から送るのは避けたほうが良いでしょう。顔文字や絵文字はあくまで補助できな役割を果たすようにしましょう。

 

文字だけのやり取りでは字面が強くなりすぎてしまう場合や、冗談を送る時には、それが冗談だとわかるような絵文字や顔文字を加えることで、相手が安心してやり取りを楽しめるようになります。

 

適度な遊び心がないと、退屈な人だと思われてしまうこともありますので、適度に顔文字を使って、やり取りを楽しむようにしましょう。

 

少し古風な表現を使うのもおすすめ

相手にクスっとしてもらう上品なユーモアを送りたいと思う場合には、あえて古風な表現を使ってみるのがおすすめです。

 

ユーモアとは、誰のことも傷つけたり、さげすんだりしない上品な物なので、上品すぎる言葉を使ってみるというのもアリです。

 

例えば「げんき?」と送る際に「日々つつがなくやっていますか?」などという表現にしてみると、思わず「なにそれ?(笑)」と返してしまう会話ができます。ユーモアのセンスを磨く際には、古風で上品な言葉を取り入れてみるのも良いでしょう。

 

いかかでしょうか。ワクワクメールを使うと、多くの女性と実際に出会うことができますが、相手が人間なのでメッセージの送り方に気を付けないと、誰からも返信がもらえないことも起こりえます

 

この記事で紹介した内容を実践して、理想の交際相手を見つけることができるよう願っています!

 

ワクワクメール

(ワクワクメール)うまくいくメッセージの送り方・返信の仕方

メッセは成功のための王道!

↓↓↓↓↓

公式サイト